嗜好品の一つであるタバコを喫煙できる場所は年々少なくなってきました。これを機に禁煙を始める人も少なくはないと思いますが、治療には補助薬というものがあり、有名なのはチャンピックスという商品名が挙げられます。禁煙を成功させることは簡単ではありませんが、強い心があれば成功させるはずです!

Index

タバコは何故依存性があるの?

禁煙をやろうと決意しても、なかなか上手く行かずついついタバコに手が伸びてしまう。
そういうような経験はある人もいると思います。
今では広く周知されタバコのパッケージ自体にもその危険性が示唆されていながらも、タバコ誘惑というものはそれほどまでにも強いのです。
ですが、正しいやり方さえわかっていれば禁煙というものは実はそれほど難しいものではないのです。
まず最初にタバコというものがどれほどの危険性をはらんでいるものなのか正しく理解しましょう。
危険だと言われても正しい知識を持っていなければ実感がわきませんよね。
タバコには実に4000種類以上の化学物質が含まれており、現在分かっているだけでも有害であるものは200種類を超えると言います。

これほどまでの有害物質が含まれているタバコを吸うという行為がどれほど危険で、あなたの健康を、それだけではなく副流煙により周りの人間にも悪影響かが分かっていただけると思います。
その危険性は一本たばこを吸えば14分寿命が縮むとまで言われており、20本入りのタバコ一箱で5時間近くものあなたの寿命を削ることになるのです。

こういったマイナスのイメージを記憶して吸いたくなれば思い浮かべてその一本が死への近道になるのだと言い聞かせましょう。
タバコというのは吸いたくなってしまうタイミングというのがあります。
自分がどんな時にタバコを吸いたくなるのか思い浮かべてください。
それは「寝起き」だったり「食後」や「コーヒー」を飲む時だったりしませんか?それはそのタイミングにタバコを吸うという習慣がすでに出来上がっており、条件反射的にタバコを吸いたくなってしまうのです。

この吸いたくなるタイミングを自分で把握して、そこを乗り切ることが出来れば禁煙を成功させるのはそう難しくはないのです。
そういったタバコが吸いたくなるタイミングの時はガムや喫煙補助剤などを使ったり、いっその事体を思いっきり動かして欲求を発散してみてはいかがでしょうか。
タバコの有害性の理解や自分のタバコを吸いたくなるタイミングの把握を行い、基本的にタバコは持ち歩かずになるべく出し入れに手間がかかって吸うのがめんどうだというような場所にしまいこんで意識の外に追いやりましょう。
それだけではなく、例えばどれだけ禁煙すれば何かを買うなどのような自分へのご褒美を用意して耐えているのではなく、目標に向かって進んでいるのだということを意識しましょう。

禁煙に成功したのならばまずは外に出て大きく深呼吸してみてください。
いままでタバコによって淀んでいた空気が正常の物となり、これほどまでに空気というものはおいしかったのかと驚くはずです。

関連記事