嗜好品の一つであるタバコを喫煙できる場所は年々少なくなってきました。これを機に禁煙を始める人も少なくはないと思いますが、治療には補助薬というものがあり、有名なのはチャンピックスという商品名が挙げられます。禁煙を成功させることは簡単ではありませんが、強い心があれば成功させるはずです!

Index

チャンピックスの副作用と併用について

チャンピックスは、医師による処方箋が必要な禁煙治療薬ですが、個人使用であれば通販などで購入することができます。
ただ、チャンピックスを通販する場合は、起こりうる副作用に注意しなければなりません。

チャンピックスの使用で多くみられる副作用としては、吐き気や頭痛、便秘や不眠などがありますが、通常は少量から服用をはじめるため、次第に慣れていくことがほとんどです。
特に多い症状として吐き気があげられますが、酷い場合は吐き気止め効果のある胃薬を使用することで抑えることができます。

特に注意が必要な副作用と言われているのが、うつや不安、自殺願望、意識喪失などの精神症状です。
煙草の煙には、ドーパミンやセロトニンなどの脳内神経伝達物質を代謝する酵素を阻害する働きがあり、喫煙すると脳内ではドーパミンやセロトニンといった脳内神経伝達物質濃度が高くなっています。

しかし、禁煙を開始すると、脳内神経伝達物質の分泌量と濃度が極端に下がることで鬱症状が現れることがあります。
チャンピックスは脳のドーパミンを刺激する作用があるので、それによって精神的に不安定になったり、衝動性が増す恐れがあります。

また、チャンピックスは、抗うつ剤との併用してはいけません。
相乗効果により、頭痛や吐き気、めまいなどの身体的症状や睡眠障害、強い焦燥感などが出たり、衝動的に自傷、自殺行為を起こしてしまうという報告もあります。
うつ病の治療中で禁煙治療のためにチャンピックスを使用したい方は、通販などで安易に入手せず、まずは精神科医に相談してください。

禁煙外来を受診する際も、うつ病を治療している場合は、そのことを禁煙外来の医師に伝え、相談した上で使用しましょう。

関連記事