嗜好品の一つであるタバコを喫煙できる場所は年々少なくなってきました。これを機に禁煙を始める人も少なくはないと思いますが、治療には補助薬というものがあり、有名なのはチャンピックスという商品名が挙げられます。禁煙を成功させることは簡単ではありませんが、強い心があれば成功させるはずです!

Index

チャンピックスの服用で鬱病に繋がる懸念について

チャンピックスは禁煙補助薬として有名で、タバコによるニコチン摂取を代替する成分を用いて、禁煙による離脱症状の軽減をしてくれる医薬品です。
通常、タバコを吸うとニコチンが肺から脳へと達し、脳内のニコチン受容体に結合することで、快楽を生むドーパミンと呼ばれる物質を放出しますが、チャンピックスを服用すると、成分であるバレニクリンが代わりにニコチン受容体に結合して、ドーパミンを放出し、ニコチンの結合を阻害するようになります。

そのためイライラや気分の落ち込みといった離脱症状が少なくなり、タバコを吸っても満足感が得られないことから、喫煙への欲求を抑えることが可能です。
しかしながら、チャンピックスによる副作用で食欲不振やうつ病が起こると懸念されており、たとえ禁煙のためであっても使用を躊躇う人も少なくありません。

この問題はインターネットでもよく話題になっていますが、禁煙を行うと誰もがうつ病のように精神が落ち込みやすくなるのが原因であり、チャンピックスによる副作用ではないのです。

健康な人は脳内でセロトニンと呼ばれる幸福物質を分泌して、精神の安定を保っていますが、喫煙者はニコチンによる快楽物質の分泌を行うので、セロトニンが不要となって自己分泌をしなくなってしまいます。
そのため突然ニコチンを吸収しなくなると、ニコチン不足とセロトニンの分泌不足によって、精神的なバランスが崩壊してうつ症状、食欲不振などのやる気が起きない状態になります。
これを「禁煙うつ」と呼び、禁煙をする人なら誰もが起こりえる症状です。

チャンピックスの作用は抗うつ剤と似た原理で、ドーパミンの放出を行っているので、服用中は問題ありませんが、使用を突然やめるとセロトニン不足によって禁煙うつになる可能性はあります。
しかしチャンピックスに限らず、禁煙を行うことでうつ症状が現れる可能性はあるので、一概に薬のせいとは言い切れないのが実状です。

関連記事