嗜好品の一つであるタバコを喫煙できる場所は年々少なくなってきました。これを機に禁煙を始める人も少なくはないと思いますが、治療には補助薬というものがあり、有名なのはチャンピックスという商品名が挙げられます。禁煙を成功させることは簡単ではありませんが、強い心があれば成功させるはずです!

Index

ニコテックスに副作用はあるの?

ニコテックスとは、禁煙治療薬のニコレットの後発医薬品です。
ニコレットの後から開発された薬で、基本的な成分や効果はニコレットと同じです。

ニコテックスには、中にニコチンが微量ですが含まれているので、ニコチン中毒症の人が服用することで、中毒症状の苦しさを和らげることができます。
そのため、禁煙したくても中毒症状が辛くてどうしても喫煙してしまうという人から、高い需要があります。

ニコテックスには、ニコチンは含まれていますが、有害物質のタールは含まれていません。
そのため煙草を吸うよりも、健康への害は少ないです。
それでいて禁断症状が出るのを抑えながら、ゆっくりとニコチンの摂取量を減らし、ニコチン中毒症から脱することができるのです。

ただしニコテックスには、副作用があります。
めまいや吐き気、食欲不振、腹痛などです。
これはニコテックスの副作用というより、ニコチンの作用です。
ニコチンを摂取したことで、体がもっとニコチンを欲しがってそのような反応を示すのです。

つまりは中毒症状なのですが、ここで服用するとさらに中毒を悪化させるので、ただちに服用を中止する必要があります。
しかし先述したようにニコチンの量は少ないので、用途を守る以上副作用が起こる可能性は低いと言えます。

また、ニコテックスを使用する上で注意点があります。
まずは、他の禁煙治療薬と併用するのは効果が薄れる恐れがあると言われているので、注意が必要です。
次に妊娠者又は妊娠をしていると疑っている人、また不整脈、狭心症、脳梗塞、うつ病などの病気に罹っている人は使用するのを控えましょう。
退治に影響を受けたり、病気が悪化したり、副作用の確率が高くなるためです。
何か気になることがあるのであれば禁煙外来など病院の医師に相談するといいでしょう。

関連記事