嗜好品の一つであるタバコを喫煙できる場所は年々少なくなってきました。これを機に禁煙を始める人も少なくはないと思いますが、治療には補助薬というものがあり、有名なのはチャンピックスという商品名が挙げられます。禁煙を成功させることは簡単ではありませんが、強い心があれば成功させるはずです!

Index

喫煙による健康被害の怖さとは

タバコの煙には、人間にとって有害な化学物質が数多く含まれているため、喫煙や副流煙を吸引することによって生じる健康被害は、無視できないものになります。
特にニコチンやタール、一酸化炭素などは、人間の身体に対し確実に健康被害を及ぼします。

喫煙によって体内に侵入したニコチンは粘膜から吸収され、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合します。
喫煙後すぐに、血圧の上昇や血管の収縮が見られ、心筋梗塞などの心臓病を引き起こす原因に成り得ます。

胃や十二指腸の粘膜にも悪影響を及ぼすため、長期的な喫煙により、時には胃潰瘍や十二指腸潰瘍を罹患することもあります。
潰瘍に至らないとしても、胃炎などによる寝起き時のムカつきなど諸症状が現れやすくなります。

朝方に出る咳や痰は、就寝前に喫煙することで煙に含まれる粒子が粘膜に粘着することが原因で、慢性的な気管支炎や喘息など、喉に発生する病気を誘引することもあり注意が必要です。

過酸化水素も、人間の身体に害を与える物質の一つです。
過酸化水素は活性酸素の一種で、人間の体内でヒドロキシルラジカルという物質に変化します。
活性酸素の増加は、肌の血流を阻害するため、シワが増えるなど、必然的に老化の原因にもなります。
これらの有害物質が肺に辿り着くと、人間の身体では免疫機能が働きます。
この際、白血球は有害物質を攻撃しますが、活性酸素によって攻撃するため、肺の組織が酸化すると同時に破壊されてしまいます。
この他にも、血行不良による肩こり等、多くの症状の原因となります。

これらの健康被害は喫煙者だけに留まらず、副流煙を吸う人にも被害が及びます。
例えば家庭であれば同居する家族、会社であれば同僚なども、健康被害を生じる可能性があります。

関連記事